電子書籍サービス

Renta!(レンタ)の評判は!?電子書籍レンタルに特化した利用形態が特徴の電子コミックサイト

9月 6, 2020

今回は、電子書籍レンタルサービス、

『Renta!(レンタ)』

を紹介していきます!

 

電子書籍なのにレンタルってどういうこと?

 

他の電子書籍サイトとは違って、レンタル制度を導入しており、

レンタルならではのメリット・デメリットがあります。

 

うまく使いこなせば、どの電子書籍サイトよりもおトクに使えるかも!?

 

まず公式サイトをチェックしたい人は↓のボタンからどうぞ!

\電子コミックのレンタルなら/

【公式】Renta!(レンタ)はコチラ

 

Renta!(レンタ)の特徴

Renta!(レンタ)は、その名の通り

電子書籍を、購入ではなく、レンタル形式で配信しているサービスです。

 

レンタルというのは、期間限定で読めるようになること。

二泊三日(72時間)の時間制限ありで作品を楽しむことが出来ます。

 

時間制限があるものの、購入するよりも安い金額でマンガを楽しめるんです。

 

レンタル形式はコミックシーモアでも採用しており、

安い金額でお手軽に読めることで人気のある制度です。

 

マンガをあまり繰り替えし読まないって人にはぴったりだね!
リナ

 

レンタルは特殊な利用形態ですので、

やはり気になるのは金額ですよね。

早速サービスの料金表をみていきましょう!

 

Renta!(レンタ)の利用料金表

Renta!には、時間制限のある「48時間レンタル」と

制限なしの「無制限レンタル」の2種類があります。

 

無制限レンタルという名称で少しわかり辛いですが、

「購入する」という意味でになります。

 

「48時間レンタル」した作品を、差額分を追加で支払うことで「無制限レンタル」に変更も出来ます。

なので、Renta!(レンタ)を利用するなら、

  • まずは「48時間レンタル」で作品を読む

→繰り返し読みたいと思ったら「無制限レンタル」に変更
→1回で満足したら返却(期限がきたら自動返却)

というのが基本になるかと思います!

 

レンタル制度をうまく使えば、買ったら500円以上する作品でも、100円以下で楽しめたりします。

低コストでたくさんの作品を安く読みたいって人に向いてますね☆

 

Renta!のデメリット

Renta!(レンタ)のデメリットですが、

リナ
全ての作品が「48時間レンタル」できるわけじゃ無いところ。

 

無制限レンタル(通常の購入と同じ)しか選べない昨品が多数あります。

特に、配信されたばかりの新着マンガは無制限レンタルでしか読めない場合が多く、

 

レンタル制度をウリにしているだけに、新着マンガが買い切りでしか読めないのはマイナス点。。

読みたいマンガがレンタルに対応しているかどうか、事前にチェックしておいた方が良さそうだね!
リナ

 

Renta!(レンタ)|まとめ

以上、電子書籍レンタルサイト『Renta!(レンタ)』を紹介でした!

 

やはり他の買い切り型の配信サイトよりも安く読める反面、

それなりにデメリットもあるようです。

 

メインとして利用するにはちょっと心もたないですが、

うまく使えば安い金額でたくさんのマンガを読めるサービスです!

 

レンタル形式での配信はコミックシーモアでも対応しています。

個人的にはコミックシーモアがイチオシの配信サイト!

ぜひ↓の記事からコミックシーモアもチェックしてみてね!

 

-電子書籍サービス
-

© 2020 スマホコミック.EX Powered by AFFINGER5